日本電気計器検定所にJCSS校正はお任せください

JCSS校正は、計量法校正事業者登録制度(JCSS)の登録事業者として、国際規格ISO/IEC 17025(試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項)に基づき、特定二次標準器又は常用参照標準器を用いてお客さまの標準器,計測器等の校正を行います。公平な電気取引を実現するため、他社との違いより厳密で適正な検定・検査を公正中立な第三者機関として日々努めています。JEMICは、国際MRA対応認定事業者でもありますので、JEMICが発行するJCSS認定シンボル付校正証明書は、国際試験所認定協力機構(ILAC)に加盟する全ての国と地域で相互受け入れが可能です。創業120年以上を誇る経営力と、信頼と実績を積み重ねた確かな技術力で、これからの日本産業の発展に貢献します。対象エリアについては、日本全国各地にそれぞれ営業所や、支店がありますので、日本全国的に活動しております。当社の主力商品・サービスは、日本全国各地の電気メーターの検定および計測器の校正や、セミナーの実施です。JEMICは型式承認された電気計器等の検定・検査に実績があり、合格品におされる検定認印は信頼の証となっています。特許を幾つか出願しており開発技術が優れているのが本社の強みです、他社に負けず劣らず自社独自の開発理念で安心を提供します。当社の強みは、エネルギーの供給のための計器が適正かなどを公平公正、中立的な立場で検定を行なっている事です。対象エリアは、北海道と東北と中部と北陸と関西と中国と四国と九州と沖縄地方で、それぞれ支社があります。1891年創業という長年の歴史によって培われてきた電気機器の検査業務における技術力は当社の強みです。当社の強みは、電気メーターの検定及び計測器の校正等において公正中立な機関で技術で確かな信頼を築いていることです。この校正を行ったときは、“jcss”のマークを付した校正証明書が交付されます。特定校正は、計量法校正事業者登録制度(JCSS:Japan Calibration Service System)の登録を受けようとする事業者及び登録を受けた事業者の標準器(特定二次標準器)の校正を行います。産業界への計測技術の普及を目的としてた計測技術セミナーを定期的に開催し、計測器を使用される皆様に計測技術をお伝えしています。また、階層的に国家標準にトレーサブルな常用参照標準器の校正は、JEMICのJCSS校正を御利用ください。


関連記事

ページトップへ